小松菜とかぶを植える

雨が降った翌日はまだ土が乾いていないので2日後の4月3日に小松菜とのぞみカブを2列づつ植える事にしました。まず左の写真のようにジャガイモ時と同じように棒と棒を紐で繋ぎ直線を作成、畝を作ります。種でまくので畝の溝は数cm程度と浅くします。

作った溝に油かすと16-16-16の化成肥料を薄く撒きます。

撒いた肥料に直接種が当たらないように少し土を被せます。

その後種を30㎝間隔で3-4粒づつ撒き、土を被せていきます。足跡が付かないように写真のように平らにならしてしまいます。ここまでは小松菜もかぶも全く同じ、写真もあまり変化なくつまらないですね。

最後は写真のように均しますと何が植わっているか分からないので印をつけておきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大きなサボテンの植え替え

畑で野菜を作る

白い部分が多いネギを作る

中央道釈迦堂SAで{採りの灯り展」を開催した時の様子です

平成30年3月11日(日)~4月16日(月)まで釈迦堂遺跡博物館で「彩りの灯り展...

全作品1000円オフ/2020.2.29まで

人参とごぼうの種を撒く